刑事コロンボ『祝砲の挽歌』

 

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 14 秒です。

『祝砲の挽歌』:誰かが後ろから忍び寄っているようなオープニングのカメラワーク。
そのシーンは真犯人・陸軍幼年学校のラムフォード校長(パトリック・マクグーハン)が一人で大砲の弾を工作している様子を背中越しに他に誰もいない室内全体を捉えているのだけど、背後から誰かが彼を殺すのかと錯覚してしまった。
カメラの視点が視聴者の視点に成ること、この難しさがオープニングで作品に引き込めるつかみの良い映像に成るかの境目。
現代ならばCGで違和感のない映像になっていただろう。予算枠のあるテレビ制作の限界を感じた。
<img src=”http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=bagelrecord-22&l=as2&o=9&a=B005GIWFX6″ width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />