ノートゥング!魔法の剣よ

 

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分 30 秒です。

刀を鍛えるセオリーをきちんと学んでいないジークフリート。
折れた剣を継ぐために、この世で一番の鍛冶屋であるミーメは苦心してできなかった。
ところがジークフリートは伝統や技法を無視、折れた剣を粉々に砕いて炉にくべた。
トネリコの灰を投げ込み、一から生み出す。大人たちは、現在あるものを保存した上で、そこに更に築こうとするものだけど、若者には時間がある。
無駄だといわれようと、その過程が新たな生産となる。
Siegfried-cassiers1