『昭和が終わった』英“サンダーバード”の制作者が死去

 

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 13 秒です。

日本でもヒットしたイギリスのテレビ番組「サンダーバード」の制作者のジェリー・アンダーソンさんが、26日亡くなりました。83歳でした。

Gerry

ジェリー・アンダーソンさんはイギリスの映像作家で、1960年代以降、せりふに合わせて操り人形の口や手足を動かし、人間の動きに近づける「スーパーマリオネーション」という当時としては斬新な手法で、数多くのテレビ番組を手がけました。
中でも1965年に放送が始まった「サンダーバード」は、未来の世界を舞台にハイテクを駆使した乗り物を操縦する秘密組織のメンバーが絶体絶命の状況に陥った人たちを救出するストーリーが世界各国で人気となり、日本でもヒットしました。

イギリスのBBCテレビが伝えたところによりますと、アンダーソンさんは、おととしアルツハイマー病を発症し、ことし6月にそのことをみずから公表していました。ここ半年で体調の悪化が進み、介護施設で療養生活を送っていましたが、26日、息を引き取ったということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121227/t10014462841000.html