Macの定番 XLD バージョン 20121222 アップデート

 

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 1 秒です。

Macの定番アプリケーションがアップデート。前回から二月ぶりになった。短い間に更新が何度かある場合もあれば、今回は安定したバージョンだったということだろう。細かなバグ・フィックスではなくて、24bit を扱う機会がぐんと増えたのでエンコーダがバージョンアップされたのが嬉しい。

XLD アップデート20121222

バージョン 20121222:

  • メディアの種類 (プレスCD もしくは CD-R/RW) をリップログに記録するように
  • ショートカット cmd-D を変換する/読み込むボタンに、cmd-shift-M をメタデータを取得ボタンに割り当て
  • Vorbisエンコーダが24-bitの入力を正しく扱えない問題を修正r
  • CDを焼く際にISRC/MCNが正常であるかを確認するように
  • Opusエンコーダを1.0.2にバージョンアップ
  • ログチェッカープラグインを提供
  • 詳細は公式ウェブサイトを参照してください。