《OSXアップデート》デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.01

 

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 18 秒です。

iPad mini が発表されて、翌日にはアマゾン、そしてマイクロソフトが新しいネットツールを投入。販売価格でもお得感と、欧米では慣例のクリスマスギフトに当て込んで購買意欲を掻き立てています。肝心のアップルは実売が数週間、数カ月先のことなので購入する方もカタログ比べで楽しい季節です。

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.01

( 5 MB )

先般、ネットの友人の知り合いが撮影した写真が、ヨーロッパの旅行会社から採用したいとのオファーがあったということでした。昨今は RAW データで写真を取るのも当たり前となって来ました。デジタルカメラ、インターネットのホームページではJPEG形式がこれまでの主流。しかしデータを軽量化するために撮影時にすでに画像圧縮がされてしまっているので、大きく引き伸ばすポスター等では使えない。写真のデータが大きいわけですが、先程SDカードを見ていたら 8GB ですでにセール価格で 590 円。16GB でも 800 円から 1000 円以内ですから撮影時に容量不足に悩まされなくて良いですね。

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.01

このアップデートにより、Aperture 3 および iPhoto ’11 に以下のカメラの RAW ファイルフォーマットとの互換性が追加されます:

Canon EOS M

Canon PowerShot G15

Canon PowerShot S110

Canon PowerShot SX50 HS

Nikon D600

Nikon 1 J2

Panasonic LUMIX DMC-FZ200

Panasonic LUMIX DMC-G5

Panasonic LUMIX DMC-LX7

Sony α NEX-F3

Sony Cyber-shot DSC-RX100 

サポートされている RAW フォーマットについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5371?viewlocale=ja_JP